トップ / オフィスのスケジュール管理

予定管理

オフィス予定管理で効率化を図る

残業が多くお悩みではないでしょうか。人件費における残業代の割合が高く、労働分配率でお困りの経営者の方へ。労働者の方の予定管理をもっと効率化してみてはいかがでしょうか。オフィスにおいてはスケジュール管理というのは主に労働者の方に委ねているとは思いますが、上司の方、もしくはリーダーに当たる方がもっと積極的に時間管理に関わらなければならないと思います。一週間においてローテーションで定時に帰る日を設けるだとか、Excelで労働時間を管理させて、一定時間を超えたら残業をセーブさせるなど、時間管理を見える化してより積極的にオフィスにおける労働時間について、関わるようにされてはいかがでしょうか。

予定管理システムの導入で効率化

オフィスの人間の予定は、予定管理システムの導入で効率化することがおすすめです。例えば、会議を一つ開く場合には参加者全員の都合を聞きます。全員の予定を揃えるまでに結構な労力が必要で、他にも仕事を抱える身となると、面倒な作業であると感じる場合もあることでしょう。オフィスの人間全員が予定管理システムを使えるようにし、自信の予定を予め入力しておくことで、都合の良い日を簡単に確認出来るようになります。また、相手の空き時間に会議などの予定を入れたい場合には、予定の予約を可能とします。そのような配慮によりダブルブッキングなどを避け、効率化して仕事を進めます。

↑PAGE TOP